日本が欲している人材|資格がある保育士は安心して任せられる

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

国家試験や養成学校で

レディ

合格することで取得

働く母親が増えている現在では、保育園および保育士の需要が非常に高まっています。さらに現在は就職難ともなっているので、採用されやすいという理由で保育士になることを希望する人も増えています。保育士になるためには、国家試験を受けて資格を取得する必要があります。この試験は難易度がやや高めなので、多くの人が合格するために通信講座を利用しています。ただし、たとえ学習により合格できるだけの知識を身につけたとしても、国家試験はそもそも受験資格を有する人しか受けることができません。大学または短期大学卒業以上の学歴がある人は、受験資格を有しています。高卒および中卒の人の場合、一定時間以上の実務経験を積むことで、受験資格を得ることができます。

卒業することで取得

保育士の資格は、養成学校に通った場合でも得ることが可能です。具体的には、保育士養成課程のある大学や短期大学、専門学校のいずれかに通うのです。この場合は、卒業までに2〜4年の年月がかかることになりますが、卒業さえすれば、国家試験を受けることなく保育士資格が手に入ります。国家試験の難易度は先述したように低くはないので、年月が多くかかっても、かえって近道になるということで、こちらの方を選択するという人は多くいます。また、養成学校の場合は実習もあることが多いので、資格取得前に実際に現場での経験をある程度積むことができます。つまり晴れて保育士になってから、比較的スムーズに現場に慣れることが可能となっているのです。

働く人を守るメンタル検定

男女

働く人をうつ病などから守るために、メンタルヘルス・マネジメント検定資格の需要が増えています。商工会議所が実地しており、学歴・年齢・国籍は問わず誰でも受けることが出来ます。新入社員やセルフケアなどに興味がある人は3種、難易度の高いマスターコースである1種は産業カウンセラーの業務に就くことが出来ます。

Read More..

資格を得る様々な方法

男女

保育士の資格を得るには大学などに通う方法と国家試験を受ける方法がありますが、国家試験に関しては、現在「地域限定保育士」という取り組みが行われていて、限定された地域において年に2回国家試験が実施されています。

Read More..

就職のための準備

PCと女性

就職のための資格として評価を高めるものとしてビジネス関係の資格がありますが、できる限り上位級を取得するようにします。また、知名度が高くなければ採用担当者が知らない可能性がありますから知名度が高い資格を取得するようにします。

Read More..