働く人を守るメンタル検定|日本が欲している人材|資格がある保育士は安心して任せられる

日本が欲している人材|資格がある保育士は安心して任せられる

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

働く人を守るメンタル検定

男女

労働者をストレスから守る

近年、労働者がうけるさまざまなストレスから、うつ病や適応障害などを発症し、休業や退職する人が増えており、社会問題ともなっています。そこで働く人を守るために企業側が体制を整える手段として、メンタルヘルス・マネジメントの資格を持っている人を置く場合が増えています。メンタルヘルス・マネジメント検定は、商工会議所が実施している産業精神保健に関する検定の一つで1種から3種まであります。この資格は、特に学歴や年令、国籍などの制限はなく、誰でも受験することが可能です。高度な専門知識を要求するものではなく、うつ病や適応障害などの基礎的知識や改善といった基本的なものを取得するのが目的なのです。そのために、一般の労働者が受験することが多くみられます。

これから需要が高まる検定

働くうえで逃れることが出来ないストレスを、なるべく抱え込まないように自分で対処していきたい人にはメンタルヘルス・マネジメント資格が適しています。新しい環境になれない新入社員や日頃からセルフケアをしていきたい人には人気で、全問マークシート方式で気軽に受けることが可能です。1種のマスターコースになると、人事労務に当たるスタッフや経営の幹部などに必要とされる内容と難易度もかなり上がります。ただし、一定の従業員を抱える事業所では、産業カウンセラーを置く企業が急激に増えており、それに伴い受験者数も上昇しています。これからもメンタルヘルス・マネジメント資格の需要は高まっていくことが必須であると予想され、この資格を持つことは自身のスキルを高めるには有効であると言えるでしょう。